リンクについて


当サイトはリンクフリーです。リンクについては特にご連絡は不要ですが、ご連絡いただけるととても嬉しいです。

当サイトの概要は次の通りです。参考にしていただけると幸いです。
[タイトル]/カーシェアリング/・・・車所有の面倒が無い気軽なカーライフ
[タイトル(短いタイプ)]/カーシェアリング/・・・車所有の面倒が無い気軽なカーライフ
[URL]http://car.minim.ne.jp/
[紹介文]車の所有は意外に面倒ですね。慣れて忘れてるかもしれませんが・・・。車検や整備、メンテナンス、洗車・掃除、税金、駐車場の確保、・・・。でもこれらの車に関わる面倒を全て人任せで車に乗れる方法がある事を知ってますか?しかも短時間の利用なら断然お得に車に乗れます。どうやって?答えは簡単。カーシェアリングです。カーシェアリングはクルマの所有に拘らない、新しい利用形態です。複数の人でクルマを共有する形になりますので、短時間利用なら断然おトクで、さらに環境にも優しいエコな選択です。

関連分野のサイト様と相互リンクを募集しております。ご希望の方は、当サイトへリンクしていただいた後に、メールに(1)貴サイト名、(2)貴サイトURL、(3)貴サイトの紹介、(4)当サイトへのリンクを掲載いただいたページのURL--を記載してご連絡をお願いします。なお、場合によってはお断りさせていただく場合もございます。また、返信は相互リンクに応じる場合のみご連絡させていただきますので、あしからずご了承いただけますようお願いします。

気になる記事ピックアップ

カーシェアリング社会的な意味
カーシェアリングでは1台のクルマを10人~30人くらいで共有する形になります。意外に多いと思いませんか。これならそれぞれの人の負担もかなり節約できることもうなずけますよね。一方で効率的にクルマを用いることで社会全体では環境負荷の大幅な低減が期待できます。個人レベルでも社会レベルでもメリットの大きいカーシェアリングですね。

カーシェアリングの将来
カーシェアリングがどうなっていくのか?将来を知りたいのなら、手っ取り早いのはカーシェアリングで先行している国や地域のことを知るのが一番でしょう。ちなみに、ヨーロッパなら10年以上もの歴史を持つ定着したカーシェアリングのシステムを見る事ができます。

環境にいいカーシェアリング
カーシェアリングが普及すれば必要なクルマの台数が減ります。そうすれば、クルマの生産にかかわるCO2発生を減らす事ができます。またクルマが減ると道路の整備や維持に関わるCO2発生も減らす事ができます。さらに個人レベルではクルマの利用への費用意識が高まるので、クルマ所有者にありがちな近場でも車という過剰な車利用が減り、節約とともにCO2発生を抑制する効果がありそうです。

近くに欲しいカーシェアリング
便利なカーシェアリングですが、できるだけクルマを乗り降りするステーションは近くに欲しいところです。これからは、マンション内でのカーシェアリングサービスなどいろいろな形態のカーシェアリングが増えてくる事でしょう。これなら便利ですね。地域によってはきめ細かく展開されてるカーシェアリングも増えてます。まずは近場のカーシェアリングを見つける事が先ですね。

カーシェアリングの形
一口にカーシェアリングと言ってもいろいろな形があります。サービス企業が所有するクルマを時間貸しするタイプのカーシェアリングもあれば、個人間での貸し借りによるカーシェアリングもあります(ただし一般の人が業として車を貸すことは法律上できません)。マンション内で提供されるカーシェアリングもあります。カーシェアリングが普及すればもっと便利な形態が登場するかもしれませんね。

Copyright © 2008-2011 /カーシェアリング/・・・車所有の面倒が無い気軽なカーライフ. All rights reserved