カーシェアリング 必要性について



あえて今のマイカーに、「なぜマイカーが必要なのか?」と疑問をぶつけてみましょう。
十分納得できる答えがあるなら、もちろんあなたにとってマイカーがベストでしょう。
でも少しでも迷いがあるなら、一度ゼロから見直してみることもいいことです。
仮に「マイカーが1番」という結論は変わらなくても、今よりいい利用方法が見つかるかもしれませんよ。


マイカーに感じる印象・メリット
・クルマがステータス
・クルマが好き・クルマが趣味
・チョットした外出にも便利
・クルマでしか行けない場所がある
・いざというときに便利  などなど


マイカーの問題点や盲点
・意外にマイカーに乗る機会が少ない
・駐車場、車検、税金、整備などの維持費
・オイル交換等メンテナンス、洗車などの手間
・運動不足の一因
・皆で乗ることは少ないのに大きい車
・渋滞など移動時間が読みにくい  などなど


マイカーが必ずしもベストじゃないとしても、近くにカーシェアリングやレンタカーがなければ、クルマを必要としている以上マイカーは手放せないということもあるでしょう。

とはいえカーシェアリングはどんどん広がってきています。 これからもその傾向は変わらないでしょう。

今はなくても、今後あなたに便利なカーシェアリングが登場するのも時間の問題かも。 いや、ひょっとしたらあなたが気づいていないだけかもしれませんよ。

例えば、北陸、北関東、長野、岐阜などでは1世帯で複数台のクルマを持つことも多いそうです。 この場合、2代目以降をカーシェアリングで賄う方法もあります。

カーシェアリングの普及と、あなたの意識の変化で、もっとあなたに利益のある「クルマの利用方法」が見つけられるかもしれませんね。


気になる記事ピックアップ

面倒じゃないカーシェアリング
カーシェアリングって面倒と思っていませんか?でも冷静に考えるとクルマを所有しているほうがずっと面倒なんです。例えば、車検やメンテナンス、洗車・掃除、故障時の整備、税金、などなど。なぜかその面倒に慣れてしまっているせいか、カーシェアリングのほうが面倒に感じるという不思議な現象があります。

カーシェアリング社会的な意味
カーシェアリングでは1台のクルマを10人~30人くらいで共有する形になります。意外に多いと思いませんか。これならそれぞれの人の負担もかなり節約できることもうなずけますよね。一方で効率的にクルマを用いることで社会全体では環境負荷の大幅な低減が期待できます。個人レベルでも社会レベルでもメリットの大きいカーシェアリングですね。

カーシェアリングの将来
カーシェアリングがどうなっていくのか?将来を知りたいのなら、手っ取り早いのはカーシェアリングで先行している国や地域のことを知るのが一番でしょう。ちなみに、ヨーロッパなら10年以上もの歴史を持つ定着したカーシェアリングのシステムを見る事ができます。

環境にいいカーシェアリング
カーシェアリングが普及すれば必要なクルマの台数が減ります。そうすれば、クルマの生産にかかわるCO2発生を減らす事ができます。またクルマが減ると道路の整備や維持に関わるCO2発生も減らす事ができます。さらに個人レベルではクルマの利用への費用意識が高まるので、クルマ所有者にありがちな近場でも車という過剰な車利用が減り、節約とともにCO2発生を抑制する効果がありそうです。

近くに欲しいカーシェアリング
便利なカーシェアリングですが、できるだけクルマを乗り降りするステーションは近くに欲しいところです。これからは、マンション内でのカーシェアリングサービスなどいろいろな形態のカーシェアリングが増えてくる事でしょう。これなら便利ですね。地域によってはきめ細かく展開されてるカーシェアリングも増えてます。まずは近場のカーシェアリングを見つける事が先ですね。

Copyright © 2008-2011 /カーシェアリング/・・・車所有の面倒が無い気軽なカーライフ. All rights reserved