クルマ購入vsカーシェアリング



カーシェアリングでかかる費用は、所有のときとは違いすごくシンプルです。

カーシェアリングの費用は「入会時の費用」「会費」「利用に応じた費用」の3つが基本です。

ちなみにクルマの所有の場合なら、車の購入費、ガソリン代、保険料金、駐車場代、税金、整備費などなど・・・・タイミングも金額も支払い先もまちまちです。

そのほか、洗車や掃除など何かと手間もかかります。 (手間をかける事を楽しんでいる、クルマ好きの人たちもいますが・・・)

クルマ所有と比べた場合のカーシェアリングの費用について見てみましょう。

【比較ケース】マツダ・デミオの5年間の利用で比較
(デミオを購入した場合)車両費も含めて月割にすると・・・5万円超/月
(カーシェアリング1)月23時間までの利用・・・3万円弱/月
(カーシェアリング2)月17時間までの利用・・・2万円程度/月

つまり利用が少ない場合、クルマ利用のコストは半分程度まで減らす事ができます。

カーシェアリングのサービス提供会社などにより料金体制や料金について違いはあるものの、マイカーに比べ車にかかる費用はシンプルで、しかもクルマ利用の少ない人にはすごくお得なサービスです。

例えば「オリックスプチレンタ」の場合、入会時の費用として「登録手数料」や「ICカード発行手数料」などがかかります。 月々の支払いは「基本使用料」+「利用による料金」+「距離による料金」によって計算されます。

会社によっては退会時に返還される保証金を預けておくところもあります。


気になる記事ピックアップ

カーシェアリングと規制緩和
カーシェアリングの普及のためには規制緩和がかなり影響してますし、これからも影響しそうです。例えば無人状態でクルマを貸出しできるようになったことが、かなりカーシェアリング普及にはプラスになるでしょう。カーシェアリングの普及には法制度の規制緩和も密接に関わってます。

カーシェアリングの将来
カーシェアリングがどうなっていくのか?将来を知りたいのなら、手っ取り早いのはカーシェアリングで先行している国や地域のことを知るのが一番でしょう。ちなみに、ヨーロッパなら10年以上もの歴史を持つ定着したカーシェアリングのシステムを見る事ができます。

カーシェアリングと車離れ
車離れが進んでいます。昔に比べるとクルマの所有に拘らない人が増えてきました。所有に拘らなければ、車はもっと気軽に安く利用するできる感興にいる人は多いです。特に都会では駐車場代もかなりしますし、公共交通が発達しているため車に変わる交通手段があることもポイントですね。

環境にいいカーシェアリング
カーシェアリングが普及すれば必要なクルマの台数が減ります。そうすれば、クルマの生産にかかわるCO2発生を減らす事ができます。またクルマが減ると道路の整備や維持に関わるCO2発生も減らす事ができます。さらに個人レベルではクルマの利用への費用意識が高まるので、クルマ所有者にありがちな近場でも車という過剰な車利用が減り、節約とともにCO2発生を抑制する効果がありそうです。

短時間利用ならカーシェアリング
1日のうちに短時間しかクルマを利用しないのであれば、しかもたまにしかクルマを利用しないのであれば、断然カーシェアリングがおトクです。カーシェアリングは新しいサービスなので躊躇してしまうかもしれませんが、車所有に比べれば断然面倒が少ないですし、費用的にもおトクとなるでしょう。少ないけど車は使いたい人の強い見方のカーシェアリングです。

Copyright © 2008-2011 /カーシェアリング/・・・車所有の面倒が無い気軽なカーライフ. All rights reserved