カーシェアリングでの戸惑い



とても便利なカーシェアリング。でも借りる車だけにマイカーとは違った注意点があります。 ひとつひとつ紐解いていきましょう。

カーシェアリングは「借りてる」ということさえ忘れなければ、基本的にそれほど問題はないでしょう。


(注意!)カーシェアリングのクルマの場所
カーシェアリングでクルマを借りる場所が遠すぎるのは、不便ですね。
できるだけ近場、もしくは駅付近などアクセスしやすいところで借りられるカーシェアリングのサービスを利用する事が大事です。
ところで、カーシェアリングの利用は分譲マンションなどで増えています。 今後はカーシェアリングサービスの業者がマンション等にサービスを提供していく場合が増えそうです。 マンションで使えるカーシェアリングだと便利ですね。


(注意!)カーシェアリングを家族が利用したい?
基本的にカーシェアリングの申し込みは本人のみのりようを想定したものです。
したがって、家族だからと言って一つのカードを共有できない場合がほとんどです。
家族も利用したい場合には、新たに利用したい人ごとに契約する必要があります。


(注意!)予定変更について
カーシェアリングはその特性上、予約制となります。 もし予約がキャンセルとなった場合にはキャンセル料がかかります。
そのほか返却すべき時間に遅れた場合は、超過料金が発生します。
返すのが遅れる原因としては渋滞などが多いでしょう。 時間に遅れないように注意が必要です。


(注意!)たばこは?
基本的に車内禁煙の場合が多いです。


(注意!)ペットは?
ペットの同乗は基本的にNGの場合が多いです。


気になる記事ピックアップ

カーシェアリングの形
一口にカーシェアリングと言ってもいろいろな形があります。サービス企業が所有するクルマを時間貸しするタイプのカーシェアリングもあれば、個人間での貸し借りによるカーシェアリングもあります(ただし一般の人が業として車を貸すことは法律上できません)。マンション内で提供されるカーシェアリングもあります。カーシェアリングが普及すればもっと便利な形態が登場するかもしれませんね。

PCやケータイで予約
カーシェアリングの予約はPCやケータイからネットで予約できるところもあります。今後どんどんそういうふうに利便性は上がってくるでしょう。誰にも会わずに、誰の手を煩わせることなく簡単・気軽にクルマが利用できます。マイカーの気軽さにどんどん近づいていきますね。

カーシェアリングと規制緩和
カーシェアリングの普及のためには規制緩和がかなり影響してますし、これからも影響しそうです。例えば無人状態でクルマを貸出しできるようになったことが、かなりカーシェアリング普及にはプラスになるでしょう。カーシェアリングの普及には法制度の規制緩和も密接に関わってます。

カーシェアリングと車離れ
車離れが進んでいます。昔に比べるとクルマの所有に拘らない人が増えてきました。所有に拘らなければ、車はもっと気軽に安く利用するできる感興にいる人は多いです。特に都会では駐車場代もかなりしますし、公共交通が発達しているため車に変わる交通手段があることもポイントですね。

短時間利用ならカーシェアリング
1日のうちに短時間しかクルマを利用しないのであれば、しかもたまにしかクルマを利用しないのであれば、断然カーシェアリングがおトクです。カーシェアリングは新しいサービスなので躊躇してしまうかもしれませんが、車所有に比べれば断然面倒が少ないですし、費用的にもおトクとなるでしょう。少ないけど車は使いたい人の強い見方のカーシェアリングです。

Copyright © 2008-2011 /カーシェアリング/・・・車所有の面倒が無い気軽なカーライフ. All rights reserved