カーシェアリングじわじわと



ガソリン高や物価高騰、景気低迷による収入減などがマイカー離れを助長します。

クルマ所有にはいろいろな経費と手間もかかります。 例えば、クルマの購入費用、車検、税金、タイヤ・バッテリーなどの交換、故障などの整備、オイル交換やウォッシャー液の補充などのメンテナンス、洗車・掃除、駐車場代、ガソリン代、・・・・。

普段は当たり前のことと忘れてしまっているかもしれませんが、クルマの所有には意外に手がかかっています。

とはいえ、クルマの利便性も捨てきれないところです。

そこで便利なのが、クルマの所有に関わる面倒な事を全て任せて、必要なときだけクルマを利用するというカーシェアリングです。

カーシェアリングが普及すれば、クルマ利用や道路利用の効率化も進み、環境負荷の低減もかなり期待できるところです。

そもそもカーシェアリングが生まれた80年代のスイスでは、交通渋滞や駐車不足の解消のために始まった取り組みのようですから、このあたりはお墨付きですね。

とはいえ、クルマ好きの日本人ですので、効率的と頭では分かっていてもマイカーに拘る人も少なくないです。 ガソリン高騰が大きなきっかけにはなったものの、さらに普及するするには少し時間がかかるかもしれませんね。

カーシェアリングに付いては環境省や国土交通省など国を挙げて後押ししている面もあり、今後規制緩和や助成制度などの援護射撃の下、広がっていく事が見込まれます。

カーシェアリングが普及して、身近なところでクルマを借りられるほになってくれば、さらに利用者は増えていくでしょう。

今後の期待度が高いカーシェアリングです。


気になる記事ピックアップ

カーシェアリング社会的な意味
カーシェアリングでは1台のクルマを10人~30人くらいで共有する形になります。意外に多いと思いませんか。これならそれぞれの人の負担もかなり節約できることもうなずけますよね。一方で効率的にクルマを用いることで社会全体では環境負荷の大幅な低減が期待できます。個人レベルでも社会レベルでもメリットの大きいカーシェアリングですね。

カーシェアリングと規制緩和
カーシェアリングの普及のためには規制緩和がかなり影響してますし、これからも影響しそうです。例えば無人状態でクルマを貸出しできるようになったことが、かなりカーシェアリング普及にはプラスになるでしょう。カーシェアリングの普及には法制度の規制緩和も密接に関わってます。

カーシェアリングの将来
カーシェアリングがどうなっていくのか?将来を知りたいのなら、手っ取り早いのはカーシェアリングで先行している国や地域のことを知るのが一番でしょう。ちなみに、ヨーロッパなら10年以上もの歴史を持つ定着したカーシェアリングのシステムを見る事ができます。

カーシェアリングと車離れ
車離れが進んでいます。昔に比べるとクルマの所有に拘らない人が増えてきました。所有に拘らなければ、車はもっと気軽に安く利用するできる感興にいる人は多いです。特に都会では駐車場代もかなりしますし、公共交通が発達しているため車に変わる交通手段があることもポイントですね。

環境にいいカーシェアリング
カーシェアリングが普及すれば必要なクルマの台数が減ります。そうすれば、クルマの生産にかかわるCO2発生を減らす事ができます。またクルマが減ると道路の整備や維持に関わるCO2発生も減らす事ができます。さらに個人レベルではクルマの利用への費用意識が高まるので、クルマ所有者にありがちな近場でも車という過剰な車利用が減り、節約とともにCO2発生を抑制する効果がありそうです。

Copyright © 2008-2011 /カーシェアリング/・・・車所有の面倒が無い気軽なカーライフ. All rights reserved