カーシェアリング 意義について



まずはカーシェアリングを広く社会的な位置づけから、その意義を考えましょう。

カーシェアリングが普及すれば、環境負荷を減らすことに大きく貢献します。

カーシェアリングを多くの人が利用することで、自動車の台数が減れば、自動車生産にかかわるCO2を減らす事ができます。

さらに自動車台数が減ることで、都市部での交通渋滞や事故の発生も減ることでしょう。

また、道路の整備や維持に関しても負担が減ることになります。

カーシェアリングに使われるクルマをハイブリッドカーや電気自動車などのより環境に優しいものとすれば、その効果はさらに向上しますね。



つづいて、個人レベルでカーシェアリングの意義を考えてみましょう。

マイカーからカーシェアリングにすることで、利便性は多少落ちることでしょう。 自宅から乗れたクルマが、遠くなるかもしれないですからね。(マンションで提供されるカーシェアリングなどもありますが・・・)

利便性と引き換えに得られるメリットを挙げてみましょう。

まずは、クルマ利用の頻度が少ない人にとって、かなりの節約につながること! 理由は簡単。クルマの購入費用や駐車場代、税金、車検代、整備費用などなどが、会員全員での割勘となるから。

さらに、自動車所有に関わる手間も要りません。 例えば、車検や故障時の修理、オイル交換などのメンテ、洗車や掃除、・・・などが不要です。 なぜなら、必要な時に「借りて乗る」だけですから。

マイカーと違い利用時間に対する費用負担であり、利用への費用意識が働き、 マイカー所有者にありがちな近場への利用など、クルマの過剰利用を防止できます。 面倒に感じるかも知れませんが、経済的ですし、健康面でもメリットがあります。

またクルマの使いすぎ抑制は、エコにもつながり、社会的にも意義のあることですね。


気になる記事ピックアップ

PCやケータイで予約
カーシェアリングの予約はPCやケータイからネットで予約できるところもあります。今後どんどんそういうふうに利便性は上がってくるでしょう。誰にも会わずに、誰の手を煩わせることなく簡単・気軽にクルマが利用できます。マイカーの気軽さにどんどん近づいていきますね。

カーシェアリングと規制緩和
カーシェアリングの普及のためには規制緩和がかなり影響してますし、これからも影響しそうです。例えば無人状態でクルマを貸出しできるようになったことが、かなりカーシェアリング普及にはプラスになるでしょう。カーシェアリングの普及には法制度の規制緩和も密接に関わってます。

カーシェアリングと車離れ
車離れが進んでいます。昔に比べるとクルマの所有に拘らない人が増えてきました。所有に拘らなければ、車はもっと気軽に安く利用するできる感興にいる人は多いです。特に都会では駐車場代もかなりしますし、公共交通が発達しているため車に変わる交通手段があることもポイントですね。

短時間利用ならカーシェアリング
1日のうちに短時間しかクルマを利用しないのであれば、しかもたまにしかクルマを利用しないのであれば、断然カーシェアリングがおトクです。カーシェアリングは新しいサービスなので躊躇してしまうかもしれませんが、車所有に比べれば断然面倒が少ないですし、費用的にもおトクとなるでしょう。少ないけど車は使いたい人の強い見方のカーシェアリングです。

カーシェアリングか?レンタカーか?
カーシェアリングにするか?レンタカーにするか?の目安は利用時間が6時間を超えるかどうかということでしょう。1回の利用時間が短時間ならカーシェアリングが有利ですし、長時間になるほどレンタカーが有利です。とはいえ、カーシェアリングの中にも長時間の割引を備えたサービスも出てきてますので一概にはいえませんが、一つの目安は1回6時間です。

Copyright © 2008-2011 /カーシェアリング/・・・車所有の面倒が無い気軽なカーライフ. All rights reserved