カーシェアリング 意義について



まずはカーシェアリングを広く社会的な位置づけから、その意義を考えましょう。

カーシェアリングが普及すれば、環境負荷を減らすことに大きく貢献します。

カーシェアリングを多くの人が利用することで、自動車の台数が減れば、自動車生産にかかわるCO2を減らす事ができます。

さらに自動車台数が減ることで、都市部での交通渋滞や事故の発生も減ることでしょう。

また、道路の整備や維持に関しても負担が減ることになります。

カーシェアリングに使われるクルマをハイブリッドカーや電気自動車などのより環境に優しいものとすれば、その効果はさらに向上しますね。



つづいて、個人レベルでカーシェアリングの意義を考えてみましょう。

マイカーからカーシェアリングにすることで、利便性は多少落ちることでしょう。 自宅から乗れたクルマが、遠くなるかもしれないですからね。(マンションで提供されるカーシェアリングなどもありますが・・・)

利便性と引き換えに得られるメリットを挙げてみましょう。

まずは、クルマ利用の頻度が少ない人にとって、かなりの節約につながること! 理由は簡単。クルマの購入費用や駐車場代、税金、車検代、整備費用などなどが、会員全員での割勘となるから。

さらに、自動車所有に関わる手間も要りません。 例えば、車検や故障時の修理、オイル交換などのメンテ、洗車や掃除、・・・などが不要です。 なぜなら、必要な時に「借りて乗る」だけですから。

マイカーと違い利用時間に対する費用負担であり、利用への費用意識が働き、 マイカー所有者にありがちな近場への利用など、クルマの過剰利用を防止できます。 面倒に感じるかも知れませんが、経済的ですし、健康面でもメリットがあります。

またクルマの使いすぎ抑制は、エコにもつながり、社会的にも意義のあることですね。


気になる記事ピックアップ

カーシェアリングか?レンタカーか?
カーシェアリングにするか?レンタカーにするか?の目安は利用時間が6時間を超えるかどうかということでしょう。1回の利用時間が短時間ならカーシェアリングが有利ですし、長時間になるほどレンタカーが有利です。とはいえ、カーシェアリングの中にも長時間の割引を備えたサービスも出てきてますので一概にはいえませんが、一つの目安は1回6時間です。

面倒じゃないカーシェアリング
カーシェアリングって面倒と思っていませんか?でも冷静に考えるとクルマを所有しているほうがずっと面倒なんです。例えば、車検やメンテナンス、洗車・掃除、故障時の整備、税金、などなど。なぜかその面倒に慣れてしまっているせいか、カーシェアリングのほうが面倒に感じるという不思議な現象があります。

カーシェアリング社会的な意味
カーシェアリングでは1台のクルマを10人~30人くらいで共有する形になります。意外に多いと思いませんか。これならそれぞれの人の負担もかなり節約できることもうなずけますよね。一方で効率的にクルマを用いることで社会全体では環境負荷の大幅な低減が期待できます。個人レベルでも社会レベルでもメリットの大きいカーシェアリングですね。

カーシェアリングの将来
カーシェアリングがどうなっていくのか?将来を知りたいのなら、手っ取り早いのはカーシェアリングで先行している国や地域のことを知るのが一番でしょう。ちなみに、ヨーロッパなら10年以上もの歴史を持つ定着したカーシェアリングのシステムを見る事ができます。

環境にいいカーシェアリング
カーシェアリングが普及すれば必要なクルマの台数が減ります。そうすれば、クルマの生産にかかわるCO2発生を減らす事ができます。またクルマが減ると道路の整備や維持に関わるCO2発生も減らす事ができます。さらに個人レベルではクルマの利用への費用意識が高まるので、クルマ所有者にありがちな近場でも車という過剰な車利用が減り、節約とともにCO2発生を抑制する効果がありそうです。

Copyright © 2008-2011 /カーシェアリング/・・・車所有の面倒が無い気軽なカーライフ. All rights reserved