カーシェアリングでエコ・おトク・面倒なし



カーシェアリングは1台のクルマを複数の人で共用する経済的にも効率的で、環境的にも優しいクルマの利用形態です。

カーシェアリングにはいろいろな形態がありますが、カーシェアリングといえば「会員制の自動車の貸出しシステム」を指す事が多いです。

クルマの貸出しといえば、「レンタカー」が一般的ですが、レンタカーとの違いは次のとおりです。

・カーシェアリングは会員制が基本。レンタカーは不特定多数の人が利用できます。
・カーシェアリングの利用時間は15分単位など短く、短時間の利用ならレンタカーよりかなりお得です。逆に半日や日単位での利用ならレンタカーのほうが有利でしょう。
・カーシェアリングは予約からクルマの利用まで無人体制で利用できるものもあり気軽です。

カーシェアリングに向いている人は一日のクルマの利用が少ない人です。

例えば日本の家族の場合、一日のクルマの仕様稼働率は平均で1~2時間とも言われます。 中には休日のみなど一週間を通じて数えるほどしかクルマを利用しない人も少なくないです。

あなたのクルマの利用状況はどうでしょうか?

もし「たまにしか使わない」「使っても2~3時間程度」などというのでしたら、カーシェアリングによるメリットはかなり大きいはずです。

でもどうしてお得なのでしょうか? 理由は簡単です。

カーシェアリングでは1台のクルマを複数の人で共用するため、固定費を分散して負担できます。 しかもメンテナンスもお任せできますので、安いだけでなく手間もかかりません。

2台クルマがある家庭では、セカンドカーを手放して、不足分をカーシェアリングで補うという手もありですね。


気になる記事ピックアップ

カーシェアリングの将来
カーシェアリングがどうなっていくのか?将来を知りたいのなら、手っ取り早いのはカーシェアリングで先行している国や地域のことを知るのが一番でしょう。ちなみに、ヨーロッパなら10年以上もの歴史を持つ定着したカーシェアリングのシステムを見る事ができます。

カーシェアリングと車離れ
車離れが進んでいます。昔に比べるとクルマの所有に拘らない人が増えてきました。所有に拘らなければ、車はもっと気軽に安く利用するできる感興にいる人は多いです。特に都会では駐車場代もかなりしますし、公共交通が発達しているため車に変わる交通手段があることもポイントですね。

環境にいいカーシェアリング
カーシェアリングが普及すれば必要なクルマの台数が減ります。そうすれば、クルマの生産にかかわるCO2発生を減らす事ができます。またクルマが減ると道路の整備や維持に関わるCO2発生も減らす事ができます。さらに個人レベルではクルマの利用への費用意識が高まるので、クルマ所有者にありがちな近場でも車という過剰な車利用が減り、節約とともにCO2発生を抑制する効果がありそうです。

短時間利用ならカーシェアリング
1日のうちに短時間しかクルマを利用しないのであれば、しかもたまにしかクルマを利用しないのであれば、断然カーシェアリングがおトクです。カーシェアリングは新しいサービスなので躊躇してしまうかもしれませんが、車所有に比べれば断然面倒が少ないですし、費用的にもおトクとなるでしょう。少ないけど車は使いたい人の強い見方のカーシェアリングです。

近くに欲しいカーシェアリング
便利なカーシェアリングですが、できるだけクルマを乗り降りするステーションは近くに欲しいところです。これからは、マンション内でのカーシェアリングサービスなどいろいろな形態のカーシェアリングが増えてくる事でしょう。これなら便利ですね。地域によってはきめ細かく展開されてるカーシェアリングも増えてます。まずは近場のカーシェアリングを見つける事が先ですね。

Copyright © 2008-2011 /カーシェアリング/・・・車所有の面倒が無い気軽なカーライフ. All rights reserved