カーシェアリングでエコ・おトク・面倒なし



カーシェアリングは1台のクルマを複数の人で共用する経済的にも効率的で、環境的にも優しいクルマの利用形態です。

カーシェアリングにはいろいろな形態がありますが、カーシェアリングといえば「会員制の自動車の貸出しシステム」を指す事が多いです。

クルマの貸出しといえば、「レンタカー」が一般的ですが、レンタカーとの違いは次のとおりです。

・カーシェアリングは会員制が基本。レンタカーは不特定多数の人が利用できます。
・カーシェアリングの利用時間は15分単位など短く、短時間の利用ならレンタカーよりかなりお得です。逆に半日や日単位での利用ならレンタカーのほうが有利でしょう。
・カーシェアリングは予約からクルマの利用まで無人体制で利用できるものもあり気軽です。

カーシェアリングに向いている人は一日のクルマの利用が少ない人です。

例えば日本の家族の場合、一日のクルマの仕様稼働率は平均で1~2時間とも言われます。 中には休日のみなど一週間を通じて数えるほどしかクルマを利用しない人も少なくないです。

あなたのクルマの利用状況はどうでしょうか?

もし「たまにしか使わない」「使っても2~3時間程度」などというのでしたら、カーシェアリングによるメリットはかなり大きいはずです。

でもどうしてお得なのでしょうか? 理由は簡単です。

カーシェアリングでは1台のクルマを複数の人で共用するため、固定費を分散して負担できます。 しかもメンテナンスもお任せできますので、安いだけでなく手間もかかりません。

2台クルマがある家庭では、セカンドカーを手放して、不足分をカーシェアリングで補うという手もありですね。


気になる記事ピックアップ

PCやケータイで予約
カーシェアリングの予約はPCやケータイからネットで予約できるところもあります。今後どんどんそういうふうに利便性は上がってくるでしょう。誰にも会わずに、誰の手を煩わせることなく簡単・気軽にクルマが利用できます。マイカーの気軽さにどんどん近づいていきますね。

カーシェアリング社会的な意味
カーシェアリングでは1台のクルマを10人~30人くらいで共有する形になります。意外に多いと思いませんか。これならそれぞれの人の負担もかなり節約できることもうなずけますよね。一方で効率的にクルマを用いることで社会全体では環境負荷の大幅な低減が期待できます。個人レベルでも社会レベルでもメリットの大きいカーシェアリングですね。

カーシェアリングと規制緩和
カーシェアリングの普及のためには規制緩和がかなり影響してますし、これからも影響しそうです。例えば無人状態でクルマを貸出しできるようになったことが、かなりカーシェアリング普及にはプラスになるでしょう。カーシェアリングの普及には法制度の規制緩和も密接に関わってます。

カーシェアリングの将来
カーシェアリングがどうなっていくのか?将来を知りたいのなら、手っ取り早いのはカーシェアリングで先行している国や地域のことを知るのが一番でしょう。ちなみに、ヨーロッパなら10年以上もの歴史を持つ定着したカーシェアリングのシステムを見る事ができます。

カーシェアリングと車離れ
車離れが進んでいます。昔に比べるとクルマの所有に拘らない人が増えてきました。所有に拘らなければ、車はもっと気軽に安く利用するできる感興にいる人は多いです。特に都会では駐車場代もかなりしますし、公共交通が発達しているため車に変わる交通手段があることもポイントですね。

Copyright © 2008-2011 /カーシェアリング/・・・車所有の面倒が無い気軽なカーライフ. All rights reserved