そろそろマイカーのバッテリー交換?



バッテリー交換に新しい常識が広がっています。 それは「再生バッテリー」。

再生バッテリーとは、バッテリーが使えなくなる原因(サルフェーションと呼ばれる極板に付着する硫酸鉛の結晶)を、最新の再生技術で除去し再生したもの。

そもそも程度の良い中古バッテリーを選んで再生するため、90%以上の能力を再生しているのに、値段は4分の1程度からと激安の再生バッテリーがあります。

再生バッテリーを利用すれば、エコ(余分なCO2の発生を防止)な上に、大きな節約ができます。

しかも激安なので、バッテリーの能力アップも低予算で楽々できます。

エアコン、ステレオ、カーナビ、パワーウインドウ、・・・車内の気になる電気需要の悩みもバッチリ解決です。

エコが気づかせてくれた!経済性と快適性と環境配慮も欲張りできるバッテリー交換の方法です。



こちらのページも参考にどうぞ。 バッテリー交換→驚き格安の再生バッテリー


クルマのいい情報


クルマお役立ち知識

保険も見積比較
自動車保険の更新時期、継続するか話題の安い保険を選ぶか悩むところ。そんなとき無料一括見積が便利でした。有名保険会社の保険料が簡単に比較できる仕組み。不明な部分は問合せもできます。変な営業の電話もなかったですし、ジックリ保険比べができたのでした。

クルマの買い替え
クルマの買い替えの常識が変わってます。昔はクルマを購入する販売店に愛車を下取りしてもらうのが一般的でしたが、今では愛車の買取り(下取り)と次のクルマの購入は分けて考えるのが普通です。なぜなら、中古車買取店のほうが査定が高い事が多いから。さらに買取店も競争の時代だから、査定も気軽で簡単なものになってきています。利用しないのは損な位です。

4月買取りの損
軽自動車の税金は4月1日の所有者にかかります。しかも、普通自動車と違い月割りの還付などありません。1年分がドンと4月1日のオーナーにかかります。(といっても普通自動車より税金は安いですが。)ですので、4月に愛車を手放すと税金1年分損した気分になるのでした。どうせなら3月中に手放すべきですね。

いきなり廃車はもったいない
古くなった愛車でも手放す際にいきなり廃車から考えるのはもったいないです。簡単な一手間で無料の買取り査定が受けられます。近頃は海外での日本の中古車人気を受けて、古くても売れてます。一昔前なら売れないと思われていた古いクルマでも売れています。廃車を考えるのは査定を受けてからでも遅くないです。ネットで申込むので、もし査定ゼロでも恥をかくこともないですよ。

エコが変えた!バッテリー交換の新常識
バッテリー交換に新しい常識が広がっています。 それは「再生バッテリー」。再生バッテリーとは、バッテリーが使えなくなる原因(サルフェーションと呼ばれる極板に付着する硫酸鉛の結晶)を、最新の再生技術で除去し再生したもの。そもそも程度の良い中古バッテリ.....

Copyright © 2008-2011 愛車買い替え /3分手続きで!ドキドキの競う下取り査定/. All rights reserved