クルマの面倒を無くしたカーシェアリング

クルマを所有していると、意外に面倒なことはたくさんあります。

でも、多くの人は当たり前のこととして、マイカーにかかわる面倒さを忘れてしまってます。心当たりないですか?

例えば、駐車場の確保とその費用、故障時の整備、オイル交換・ウォッシュー液補充・消耗品交換などのメンテナンス、洗車や掃除、寒い地方ならタイヤ交換、車検や税金などもそうですね。

このように、クルマの所有のためにかけてる費用や労力は意外に多いです。

とはいえ、クルマをたくさん利用する人ならその労力や費用も気にならないほどマイカーは重宝です。


でも、クルマの利用頻度がそれほど多くない人にとってはどうでしょうか?

この問題に答えるクルマの利用形態がカーシェアリングです。

カーシェアリングを利用すれば、マイカー所有に関わる面倒なことは全て人任せにできます。

クルマを使いたいときだけ借りて使うだけ。 管理もメンテナンスも無し。

楽々なだけではありません。 クルマの利用が少ない人にとっては、桁違いにおトクです。 理由は簡単です。 カーシェアリングでは1台のクルマを10人~30人程度でシェアすることも多く、マイカーなら一人で負担だったクルマの購入費・車検・税金・管理費などもシェアされるから。

セカンドカーを手放して、カーシェアリングを利用する人も結構います。

ケータイやPCからの予約ができるなどカーシェアリングの利便性は高まってます。

クルマを借りるのに全く人を介さず、気楽に簡単に利用できる便利さも充実してきてます。


カーシェアリングは新しい車の乗り方のスタイル。

車の利用が少ない人なら、大きな節約チャンスです。

経済的で、しかも環境にも優しい、カーシェアリングのお役立ち情報を、分かりやすくそろえました。

ごゆっくりどうぞ。


/カーシェアリング/・・・車所有の面倒が無い気軽なカーライフ メニュー


気になる記事ピックアップ

カーシェアリングの形
一口にカーシェアリングと言ってもいろいろな形があります。サービス企業が所有するクルマを時間貸しするタイプのカーシェアリングもあれば、個人間での貸し借りによるカーシェアリングもあります(ただし一般の人が業として車を貸すことは法律上できません)。マンション内で提供されるカーシェアリングもあります。カーシェアリングが普及すればもっと便利な形態が登場するかもしれませんね。

面倒じゃないカーシェアリング
カーシェアリングって面倒と思っていませんか?でも冷静に考えるとクルマを所有しているほうがずっと面倒なんです。例えば、車検やメンテナンス、洗車・掃除、故障時の整備、税金、などなど。なぜかその面倒に慣れてしまっているせいか、カーシェアリングのほうが面倒に感じるという不思議な現象があります。

PCやケータイで予約
カーシェアリングの予約はPCやケータイからネットで予約できるところもあります。今後どんどんそういうふうに利便性は上がってくるでしょう。誰にも会わずに、誰の手を煩わせることなく簡単・気軽にクルマが利用できます。マイカーの気軽さにどんどん近づいていきますね。

カーシェアリング社会的な意味
カーシェアリングでは1台のクルマを10人~30人くらいで共有する形になります。意外に多いと思いませんか。これならそれぞれの人の負担もかなり節約できることもうなずけますよね。一方で効率的にクルマを用いることで社会全体では環境負荷の大幅な低減が期待できます。個人レベルでも社会レベルでもメリットの大きいカーシェアリングですね。

カーシェアリングと規制緩和
カーシェアリングの普及のためには規制緩和がかなり影響してますし、これからも影響しそうです。例えば無人状態でクルマを貸出しできるようになったことが、かなりカーシェアリング普及にはプラスになるでしょう。カーシェアリングの普及には法制度の規制緩和も密接に関わってます。

面倒じゃないカーシェアリング
カーシェアリングって面倒と思っていませんか?でも冷静に考えるとクルマを所有しているほうがずっと面倒なんです。例えば、車検やメンテナンス、洗車・掃除、故障時の整備、税金、などなど。なぜかその面倒に慣れてしまっているせいか、カーシェアリングのほうが面倒に感じるという不思議な現象があります。

PCやケータイで予約
カーシェアリングの予約はPCやケータイからネットで予約できるところもあります。今後どんどんそういうふうに利便性は上がってくるでしょう。誰にも会わずに、誰の手を煩わせることなく簡単・気軽にクルマが利用できます。マイカーの気軽さにどんどん近づいていきますね。

カーシェアリング社会的な意味
カーシェアリングでは1台のクルマを10人~30人くらいで共有する形になります。意外に多いと思いませんか。これならそれぞれの人の負担もかなり節約できることもうなずけますよね。一方で効率的にクルマを用いることで社会全体では環境負荷の大幅な低減が期待できます。個人レベルでも社会レベルでもメリットの大きいカーシェアリングですね。

カーシェアリングと規制緩和
カーシェアリングの普及のためには規制緩和がかなり影響してますし、これからも影響しそうです。例えば無人状態でクルマを貸出しできるようになったことが、かなりカーシェアリング普及にはプラスになるでしょう。カーシェアリングの普及には法制度の規制緩和も密接に関わってます。

カーシェアリングの将来
カーシェアリングがどうなっていくのか?将来を知りたいのなら、手っ取り早いのはカーシェアリングで先行している国や地域のことを知るのが一番でしょう。ちなみに、ヨーロッパなら10年以上もの歴史を持つ定着したカーシェアリングのシステムを見る事ができます。

Copyright © 2008-2011 /カーシェアリング/・・・車所有の面倒が無い気軽なカーライフ. All rights reserved